総ビリルビンを下げる手段・方法について

健康診断などの結果で、“総ビリルビンの数値が高かった”
という方は、体が危険な状況に進んでいるサインかも
知れません。肝臓は体内の臓器でも最も大きく、
重要な役割をしている臓器です。総ビリルビンの数値が
高い方は、まず日頃の生活習慣を見直してみましょう。
総ビリルビンを下げる方法が見つかるかも知れません。

 

1、「生活習慣」
総ビリルビンの数値が高い方は、日頃どんな生活を
していますか??大丈夫と思っていても、
数値に表れてしまった以上、総ビリルビンを下げる為には
自分の生活習慣を改めて見つめ直す必要があります。
まず総ビリルビンに関わらず、健康被害になりやすい
代表的なものは、【たばこ】【酒】【不規則な食事】
この3つではないでしょうか。
たばこや飲酒をやめるタイミングは病気になったあとではなく、
総ビリルビンを下げる為には、すぐにやめざるを得ないこともあります。
肝臓の病気はあまり痛みなどには表れにくいので、
気付いた時にはもう手遅れの時期、なんて事もよくある話しです。
また、総ビリルビンを下げるのに、普段から
ファーストフードや脂っこい食べ物が好きな方も要注意です。
今まで分かっていてもやめられない、と続けてきてしまった方は、
総ビリルビンが高い数値に表れた事をきっかけに、

総ビリルビンを下げる良いチャンスではないでしょうか??

 

2、【食事】
上記で、総ビリルビンを下げる為には、食生活の改善が
必要な事は簡単にあげましたが、具体的にどのような
食べ物が総ビリルビンを下げるのに有効なのか知っておきましょう。
主に、総ビリルビンを下げるのに良い食べ物は、
【しじみ】【牡蠣】です。
しじみに、ビタミン・カルシウム・アミノ酸・鉄分・亜鉛
などが多く含まれており、あの小さい粒には有用な成分が
たっぷり詰まっているのです。レバーや野菜などよりも
その栄養価は高いと言われているほどです。
牡蠣は、ビタミン・ミネラル・たんぱく質・タウリン
などを多く含んでいます。
これらがなぜ総ビリルビンを下げる為に良いのかというと、
しじみや牡蠣には、肝臓の機能を正常に保つ働きがあり、
良質なたんぱく質を多く含む為、肝臓の細胞の再生と修復を
促進し、肝臓の機能を高めるといわれています。

 

3、「サプリメント」
上記で総ビリルビンを下げる働きがある食べ物を
ご紹介しましたが、実際にこれらを毎日・毎食に
取り入れるのは難しいなんて方も多いと思います。
実際、特に牡蠣は旬もありますし、どちらかというと
高価ですので、もっと簡単に総ビリルビンを下げる為に
今すぐにでも日常生活に取り入れられる方法をご紹介いたします。
それは、総ビリルビンを下げるのに効くサプリメントです。
よく新聞や雑誌、CMなどでも、
“しじみ○○個分”といったサプリメントが紹介されているのを
目にした事がある方も多いのではないでしょうか。
総ビリルビンのを下げたい方は、まずはサプリメントを
生活習慣の中に取り入れてみるのはいかがでしょうか?
きっと何もしないよりも、総ビリルビンを下げることに
繋がってくるかと思います。

 

更新履歴